二重の整形でパッチリ目元づくり【ラブリーアイズ】

スマイル

目元の健康を守る

目を触る女性

アイプチは多用しない

二重にするなら整形をしたほうが良いのである。アイプチなどを使って日常的に安価で簡単に二重にすることも出来るのだが、あまり多用していると目元が不健康になってしまうのである。アイプチは接着剤を使って皮膚と皮膚をくっつけている為、皮膚にダメージを与えカブレて赤く腫れたり痒みが出たりする。メイク落としで落とすというよりは、こすって落とす形になってしまうため、まぶたの皮膚が弱り伸びたりたるんだりする原因になっている。また、接着剤を使うため目元が引きつり周りから見たら違和感を抱くこともある。皮膚を吊り上げることで、目が完全に閉じなくなり乾燥してドライアイになりやすくなるなど、手軽に二重に出来る割にはデメリットが多いのである。アイプチを続けていてある日二重になったという人はもともと奥二重や二重の腺がうっすらあるけど、一重に見えるだけという人が多く、一重の人が二重になる確率は低いのである。いつまでもアイプチを使うよりは、整形して二重にした方がずっと自然で目元の皮膚の負担も少なくなるだろう。整形する方がお金はかかるが、その分のメリットは沢山あるのである。毎日アイプチする手間が省けてどんな時でも二重で居られるようになるのである。

施術の際の注意点

口コミでも目の整形に関しては話題となっている。口コミでも多くの腕のいいクリニックの紹介などがされているので、いまは気軽に受けられるようだ。ただ整形を受けた後は、自分が望んでいた二重が手に入れられるわけだが気を付けたいこともある。術後は目元は赤く腫れ上がり、内出血が見られる部分も出てくるがそれを隠すために化粧をしたりカラーコンタクトを入れたりすると、時には目にトラブルが起きることもある。例えば糸を使って二重にする場合であれば、つい目をこすってしまったり、アイシャドーやマスカラなどを使うことで、負担がかかると糸が切れて二重が取れてしまうことがある。糸の縫い目が内側にあったりすると眼球が擦れて傷つき、充血したり視力低下の元にもなりかねないのである。そうなると今度は眼科で治療を受けることになってしまうため、術後は化粧やコンタクトレンズの取り扱い、洗顔にも十分注意する必要がある。基本的には安心の施術ではあるので、注意しておくというレベルだ。またどの場合でも同じだが、目元が清潔でないと小さな傷から雑菌が入り込み、炎症を起こすことにもつながることがある。二重整形は気軽に受けられるものであるが、注意点を守らなければ目元のトラブルにつながることがある。注意点をしっかり把握していなくて術後にトラブルが起きてからまた来院する人も多い。だからこそカウンセリング時には必ず守るべき注意点をしっかり確認した上で施術に臨むようにすることが大事だ。いまはカウンセリングに時間をかけてくれる医師も多いので、疑問点があれば始めに聞いておくようにしよう。