二重の整形でパッチリ目元づくり【ラブリーアイズ】

スマイル

憧れの顔に近づきたい

瞳

手術の種類

目を二重にする整形には、どのようなものがあるのでしょうか。まずは、埋没法と呼ばれる整形手術です。こちらは、メスを一切使わず、針と糸で縫うことにより、二重を作る手術のことを言います。とても細い糸を使い、瞼の内側から縫います。痛みもほとんどなく、メスを使う怖さもないため、プチ整形として人気を集めていますね。こちらは、すぐに効果を実感することができます。次に、切開法と呼ばれる整形手術です。こちらは、瞼に直接メスを入れ、切開することにより、二重を作る手術になります。目頭の所にある、蒙古ひだと呼ばれる部分を、数ミリ切り、細い糸で縫うことで、二重を作り上げます。埋没法よりも、怖さはありますが、より目をパッチリさせたい方にはおすすめでしょう。切開法は、二重を作るだけではなく、皮膚のたるみを取ったり、目の開きを大きくすることも可能です。埋没法は、切開法よりも、精神的にも負担が少ないですね。ですが、この手術方法が合わない方もおり、その場合は、一重に戻る可能性もあります。そして、切開法は、多少のリスクはありますが、一生元に戻ることはないと言えるでしょう。自分に合った方法を、カウンセリングを踏まえて、よく考えてみてください。

術後の注意点

それぞれの手術の後は、どのように過ごしたらよいのでしょう。まず、埋没法ですが、術後も痛みはほとんどないと言われています。2日から3日は、瞼が腫れぼったい感じがありますが、これも、自然に取れますので大丈夫です。手術した翌日から、瞼を水に濡らしても大丈夫ですが、二重の部分のメイクは、3日くらいはお休みしてください。自然にしていれば、一週間ほどで、きれいな二重が完成します。そして、切開法の術後の注意点です。術後の腫れは、目立たないとされていますが、抜糸までの期間は、メイクや目の周りの洗顔はやめましょう。切開法は、全切開法や部分切開などの種類があります。その種類によっても、術後の経過が変わってきます。だいたい、一週間から二週間ほどで、腫れは落ち着いてきます。埋没法より時間はかかりますが、1ヶ月か2ヶ月ほどで、二重のラインが出来上がります。切開法は、埋没法に比べると、瞼の腫れが気になりますよね。腫れを少なくするためには、術後は、早めに瞼を冷やしましょう。きれいなガーゼを当てて、保冷剤などで冷やします。この時に、冷やしすぎはよくありません。かえって腫れをひどくさせてしまうこともありますので、注意が必要です。